就職活動
TOPページ > 職務経歴書について

職務経歴書について

既成の履歴書には、職歴を記載する欄があります。入社・退社の経歴はもちろん記載しなければなりませんが、これまでの職場でのキャリアや培ってきたスキル、功績や実績などを転職先の会社へアピールしたいとき、職歴記載欄では記載しきれない場合もあることでしょう。 履歴書に職務経歴を記載すると、先方人事が見づらく、整理しきれない場合も否めません。職歴記載欄にはシンプルに入・退社の経歴のみを記載し、別紙にて職務経歴書を添付するとよいでしょう。

アピールできる

職歴書式レイアウトや、ポイントを絞った記述を守って書類を作成することで就職希望する会社へ書類作成能力やパソコン操作の能力もあるということもアピールすることができます。できるだけ、ワード等どの会社でも取り入れている文書作成ソフトで制作しましょう。手書きでもかまいませんが、黒のボールペンを用い、履歴書同様正しく丁寧な文字を書くよう気をつけましょう。

また、業界でしか通用しない略語(たとえばプロジェクトをPJを記載するなど)は同業他社への転職志望であっても避けることが無難です。取得した国家資格や任用資格等も、略さず正式名称で記載しましょう。

用紙などは

職務経歴書は、便せんやレポート用紙に記載することはせずに、A4サイズの用紙縦置き横書きのスタイルにします。枚数は1〜2枚にまとめるように工夫しましょう。ファイリング等をすることを考え、できれば、左に余白を取るようにします。また、希望する職種を記載する場合は、職歴を書く前に、一番先に記載することを心がけましょう。